様々な形で現れる「冷え性の疾患」をチェックしておこう

冷え性と一口にいってもその症例は様々で人によって違うものです。
ただ単に少しヒヤッとするというものから、不眠や生理痛、倦怠感などを引き起こすケースもあります。
今回は冷え性が原因で起こる色々な疾患についてみていきましょう。

自律神経失調症のケース

近年よく見られるようになった疾患に自律神経失調症というものがあります。
これは客観的な原因が明確ではないものの自覚症状が強い疾患に付けられる名前です。
原因は自律神経のバランスが崩れているためで、それによってもたらされる症状の1つとして冷えが現れることがあります。

私達の体では様々な活動が常時行われています。
血流を一定にし心拍数を維持し、それから各種ホルモンを適切に分泌しているのです。
こうした活動は意識的に行うことができず、自律神経と呼ばれる部位が適宜調節してくれています。

自律神経は緊張や興奮、闘争ないし逃走といったものを担当する交感神経と、リラックスや安寧を担当する副交感神経の2つの神経によって構成されています。
この2つの神経がそれぞれバランスを取ってくれているため私達は活動することができるのです。
例えば運動するときには交感神経が優位に働き、眠るときは副交感神経が優位に働くといった具合となります。

ですがこの自律神経のバランスは様々な要因によって崩れてしまいます。
偏食や夜更かし、また睡眠時間を短縮したり強いストレスがかかるなどすると、適切に働いてくれなくなるのです。

もし強いストレスを受けてしまい、その事について常に悩んでしまうと体は緊張するようになるのですが、これは交感神経が優位な状態といえます。
交感神経は危機的な状況に対してすぐに行動できるような体の状態を作りあげようとします。
そのため体内の臓器の体温を維持しようと、末端への血流量を低下させてしまうのです。

血液は体中に熱を運ぶいわば熱源なので、末端に流れなくなると手足は次第に冷えてしまうようになります。
この冷えを感じることが冷え性なのです。
自律神経が失調することで現れた症状の1つと言い換えることもできるでしょう。

また、自律神経失調症の場合には他にも吐き気、倦怠感、生理痛、肌荒れ、胸焼け、下痢、めまい、頭痛など多岐に渡る症状が出ることがあります。
全ての症状というよりは個人によっていくつかの症状が併発する形です。
もし冷えを感じ、さらに上記のような症状が認められるならそれは自律神経失調症なのかもしれません。
他にも多彩な症状を呈するため、確認しておくことをおすすめします。

本当に体温が冷えている場合

自律神経失調症由来の冷え性というのは自覚症状が強く実際の体温自体は低下していないという場合があります。
ですが実際に体温が低下している「低体温体質」の方の場合でも冷え性を併発することがあるのでチェックしておきましょう。

私達の平熱は体の機能が発揮しやすい温度に保たれています。
体の中では常に筋肉や臓器がそれぞれ様々な化学反応をしながら働いているのですが、これは適切な体温が保たれているからできることなのです。
逆に体温が十分に上がっていなければ活動は疎かになりますし、上がりすぎても様々な問題が起こることになります。

現代の日本人の平熱は36.6℃から37.2℃の間といわれています。
そして低体温体質の方の場合、平熱が36℃以下だったりするのです。
人間の体は巧妙に作られているため1度体温が低下するだけでも免疫力が落ちてしまうため、低体温体質になってしまうと病気にかかりやすくなってしまいます。

また、各種臓器の機能が必要な体温を得られないため衰えてしまうようになることもあります。
例えば腸の働きが悪くなれば便秘になりますし、子宮の機能が万全でなければホルモンを上手く分泌できなくなり様々な不調を引き起こしてしまうのです。

それから低体温体質になると体温調節の機能を十分に働かせることができなくなるケースもあります。
体温が上手く調節できないと、しもやけになりやすかったり手足がなかなか温まらないといった症状を引き起こすことになるでしょう。

このように低体温体質は多様な症状をきたす可能性があります。
特に臓器の温度が低下することは自覚しにくいため早めの対処が必要といえるでしょう。
基本的には運動をして筋肉量を増やすことで改善することが可能です。
また自律神経失調症により引き起こされることもあるため、生活習慣やストレスにも注意が必要となります。

冷えの正体を見極めよう

冷え性が原因で起こる様々な疾患についてみてきました。
冷え性には様々な原因があり、それによって発生する症状も異なります。
そのためまずは何が原因で冷えを感じているのかを解き明かすことが重要です。

自律神経失調症の症状の1つとして冷えを感じる場合はストレスを発散したり生活習慣を正しいものにすることで改善されるかもしれません。
低体温体質由来の冷えを感じるなら筋肉をつけるために運動をして、体温を上げるようにしましょう。

また自律神経失調症の症状として低体温体質を発症するケースも考えられるため、慎重に原因を見極める必要があります。
放置しているよりも改善した方が生活が楽になるはずなので、色々と改善策を練っていきましょう。
運動したり生活環境を整えていけば症状を改善することができるかもしれません。

関連記事